新型コロナウィルスワクチンの接種・COVID-19 Vaccination

ワクチン接種済のお知らせ缶バッジ
ワクチン接種済のお知らせ缶バッジ

2020年の春、新型コロナウィルスの感染者数が日本で拡大しだした頃、何よりも心配だったのは当教室の不注意によって福岡市内でコロナウィルスの流行に関連してしまう事でした。昨年の5月中旬、最初の緊急事態宣言が解除された後、教室で先生と対面でレッスンを受ける事を希望されている大人と子供の生徒さんが多かったので、当教室は最大の注意で対応しなければいけませんでした。長い間、学校に通えなかった子供達はまた早くレッスンを教室で他のお友達と一緒に受けたかったようです。子供グループレッスンが始まる前、子供達の体温を測り、レッスン終了後に教室内の消毒を行う必要がありました。もちろん、その他、スタッフと生徒さんの随時のマスク着用と、入室時の手の消毒も必要でした。長い間、このような環境の中で教室を運営していましたので、福岡市が新型コロナウィルスのワクチン接種を行う前、運よく知り合いの会社が7月5日(1回目)と、7月28日(2回目)に行っていた新型コロナウィルスのワクチン接種を受ける事が出来たのは嬉しかったです。

ワクチン接種会場の“グランドハイアット福岡”
ワクチン接種会場の“グランドハイアット福岡”

今回、モデルナの新型コロナウイルスのワクチン接種の予約を取る事が出来たのは自分とスタッフ二人、合計3人でした。7月5日の一回目と、7月28日の二回目の接種会場は博多区にある“グランドハイアット福岡”のボールルームでした。予約は午前中だった為、“キャナルシティ博多”の地下駐車場に車を止めやすかったです。ワクチン接種を受ける前、多くの人に“腕が痛くなるから、大変だよ”と言われました。確かに一回目のワクチン接種を受けた腕はちょっと痛かったのですが、正直、それよりも、一回目の接種の翌日のだるさがつらかったです。風邪を引いたような気分でした。熱が出るという人も居ますが、自分は正常の36度6分より0.1度だけ高い36度7分だったので、特に問題はなかったと思います。

タイレノール・Tylenol
タイレノール・Tylenol

一回目のワクチン接種を受けた当日の夜から翌日にかけて、頭痛がひどかったです。もともと頭が痛くなりやすい体質の為、この副作用は自分だけだと思いました。翌日に上記の写真の頭痛薬、タイレノールを一日の間4回も飲みました。一回目のワクチン接種を受けて、最初の三日間食欲がなくて、ちょっと吐き気もしました。もともと、家にタイレノールとバファリンは沢山ありましたが、近くの薬局でまたタイレノールを買いに行こうと思ったら、売り切れていました。その後、二回目のワクチン接種を受けに行った時、会場に置いてあったチラシに“新型コロナウィルスのワクチン接種の副作用に効く、タイレノールAは現在福岡市内で売り切れています。”と書かれていたので、近くの薬局でタイレノールが売り切れた理由がよく分かりました。まだタイレノールは一箱の半分程があったので、良かったです。

ワクチン接種会場だった、“グランドハイアット福岡”内のボールルームへの案内表示
ワクチン接種会場だった、“グランドハイアット福岡”内のボールルームへの案内表示

7月28日に2回目の新型コロナウィルスのワクチン接種を受けた後、一回目のワクチン接種の時のように頭痛は全くありませんでした。一回目と違って、二回目の翌日は一日中寒気がしました。外の気温が34度の真夏日だったのにもかかわらず、エアコンも扇風機もかけずに、窓を開けて、暑い中で一日中パソコンを使っていたら、夕方前に副作用が消えました。一回目のワクチン接種を受けた後、食欲が無かったのですが、二回目はそのような事も無かったです。

ワクチン接種済のお知らせ缶バッジ
ワクチン接種済のお知らせ缶バッジ

当教室のスタッフがワクチン接種を受ける事により、今後、生徒さんが安心して当教室でレッスンを受ける事が出来るのが私にとって何よりも大事だと思います。それを踏まえて、お客さんにスタッフが新型コロナウイルスのワクチン接種済みである事をお知らせする事が大事だと思い、この記事の一番上の写真に写っている、三種類の缶バッジをネットから注文しました。個人的に、英語で書かれている上記の写真のバッジよりも、下記の写真の通り、赤の文字で大きく“済”と書かれているバッジが気に入っています。

ワクチン接種済のお知らせ缶バッジ
ワクチン接種済のお知らせ缶バッジ

大きく赤い文字で“済”と書いてあると、ぱっと見で周りの人を安心させる事ができます。それぞれ3種類のバッジのタイプを沢山購入しましたので、スタッフ一人一人に缶バッジ3枚をあげて、レッスン中にどちらのバッジを付けたいかを選ばせています。このワクチン接種済みのお知らせ缶バッジの良い所は、洋服以外に付けられる事でもあると思います。

安全ピンとクリップ付きの缶バッジ
安全ピンとクリップ付きの缶バッジ

ネットでワクチン接種済みをお知らせするバッジは色んな種類が販売されていますが、上記の写真のバッジのように安全ピンの他、クリップも付いているタイプが少なかったです。やっぱり、スタッフが洋服に安全ピンを刺しますと、洋服が傷むので、安全ピンの他、クリップも付いている缶バッジを注文しました。先生にどのようにバッジを洋服に付けたいかを自分で選ばせています。

モデルナの“コロナウイルスワクチン予防接種済証”
モデルナの“コロナウイルスワクチン予防接種済証”

今回のワクチン接種を受けたのは自分が今後コロナウィルスにかかる心配よりも、今後生徒さんが安心して教室に訪れる事が出来るようになる為です。上記の写真の“コロナウイルスワクチン予防接種済証”があると、また海外にも行きやすくなるのは大きな理由です。昨年の緊急事態宣言が解除された後、教室をまた開けるようになった時から、随時のマスク着用が必要になりました。2020年の5月以降、英会話教室に入会した多くの子供の生徒さんの顔もちゃんと見た事が無いので、予防接種を受ける事で、教室で早いうちにマスクを外して、また子供達の笑顔が見れるようになりたいです。