イースターエッグチョコレート・Jacquot Milk Chocolate Hollow Easter Eggs

コストコで買った、ジャコー・イースターエッグ・ミルクチョコレート
コストコで買った、ジャコー・イースターエッグ・ミルクチョコレート

毎年、1月と2月の間にコストコで販売されているイースターエッグチョコレートが気になっていました。子供の生徒さん達の皆に本格的なイースターエッグチョコレートを買ってあげるのは高額になる為、クラシックのイースターエッグチョコレートを買うのは今まで諦めていました。が、今回は40個のチョコレートイースターエッグが入っている1キロの袋が1458円だった為、4袋を買う事にしました。

コストコ久山店が販売している、ジャコー・イースターエッグ・ミルクチョコレート
コストコ久山店が販売している、ジャコー・イースターエッグ・ミルクチョコレート

4袋も買ったので、子供グループレッスンと、中学生グループレッスンの子供達の皆にイースターエッグを一個ずつ上げる事が出来ます。フランス製の“ジャコー・イースターエッグ・ミルクチョコレート”(“Jacquot Milk Chocolate Hollow Eggs”)は通常2500円程ですが、3月上旬頃にこの商品をコストコで1458円で買う事が出来たので、お買い得でした!

昔から子供の生徒さん達にあげているプラスチックのイースターエッグ
昔から子供の生徒さん達にあげているプラスチックのイースターエッグ

以前、福岡でイースターエッグが売られているお店がなかなか無かった為、ネットで上記の写真の空のプラスチックのエッグを昔から、毎年注文して、近くのスーパーで買ったチョコレートを入れて、子供の生徒さん達に配りました。子供達はチョコが入っているプラスチックのエッグをもらうのは嬉しかったのですが、やっぱり子供達に本格的なクラシック・イースターエッグチョコレートをあげたいと思っていました。

ジャコー・イースターエッグ・ミルクチョコレートの中身と包装
ジャコー・イースターエッグ・ミルクチョコレートの中身と包装

“ジャコー イースターエッグ ミルクチョコレート”はカラフルな包装で、中身はすべて同じ空洞です。ちなみに、イースターは春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝うとの事です。自分が子供の頃、このようなチョコレートイースターエッグを“イースターエッグ探し”で探し出す記憶があるので、教室の子供達にもイースターの楽しさを味わせたいと思って、子供達が好きなミルクチョコレートで出来ているクラシックイースターエッグをあげたいと思います。イースターの時期になると、家の中にイースターエッグを飾りとして置く人が多いです。せっかく、今年は本格的なイースターエッグチョコレートを買った為、イースターエッグをバスケットに入れて、飾りとして置きたかったのですが、教室の棚に空きが少ない為、下記の写真の通り、イースターエッグチョコレートをタッパーに入れて置くしかなかったです。

教室の棚に置いてある、お菓子とイースターエッグチョコレート
教室の棚に置いてある、お菓子とイースターエッグチョコレート

今年のイースターは4月2日・日曜日ですが、上記の写真のようにイースターエッグチョコレートが入っている容器を3月中旬から、教室の棚に置きました。これだと、子供達は4月にもらう予定のイースターエッグチョコレートを楽しみにして見る事が出来ます。3月中、レッスン終了後、多くの子供達はイースターエッグチョコレートを欲しがっていましたが、“4月になったら、あげるね。”と言うと、子供は残念そうに他のお菓子を選んで、帰ります。大人の生徒さん達も棚に置いてあるイースターエッグチョコレートが気になっていますが、残念ながら、今年買ったイースターエッグは大人にあげる分が無い為、やっぱり、もっと買うべきでした。来年は大人の生徒さんの分も買わないといけないですね。