教室の工事

昨年の春に韓国語教室を一階に移す時に工事してもらったばかり。その時、家の一階の和室を韓国語教室に改造する為の工事をしてもらった。一年半後の先月、また教室の工事をお願いした。今回の工事は単純に英会話教室に壁と防音のドアを入れるのをお願いした。

今までは上記の写真にようにこの部屋でレッスンをしている時に、引き戸を閉めても、隣の部屋の会話がはっきり聞こえた為、同時に二つのレッスンができなかった。

今回の工事後に英会話教室で三つのレッスンを同時に行えるようにここに厚い壁を入れてもらった。

このように引き戸と引き戸のレールまでとってもらった。
フローリングの間に入っていた引き戸のレールもとった。
12年前に入れてもらった引き戸をこの長い間うまく活かすのが出来なかった事は残念。。。

新しい厚い壁に防音材(防音シート)を両面に入れてもらった。新しいドアも普通のドアよりも重たくて音が漏れない(”カラオケ用”)タイプにしてもらった。が、残念ながら、工事後には望んでいた、となりの話音が全く聞こえない、完全防音の壁ではなかった。。。。

一応、同時にレッスンはできるようになったと思うけど、俺はまだ隣のレッスンの話し声気になる。生徒さんに聞いてみたら、”全然大丈夫ですよ。”と言う。。。。 生徒さんが気にならないなら、大丈夫か。。。。

工事をしてもらう前に単純に引き戸があった場所にそのまま壁を作ってもらうと思っていた。だけど、よく考えてみると玄関がある教室をもっと広く使いたいと思ったから、今まで引き戸があった所より25センチぐらいずらして壁を作ってもらった。上記の写真を見ると、以前引き戸のレールがあった所に色違いのフローリングが見える。(;^ω^) しかも今までこの部屋で使っていたブルーのカーペットはもう合わないし。^^;

初めて新しいドアを見るセナはビックリ!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s